【強制ダイエット】工場勤務は痩せます!20日で4キロ痩せた私が徹底解説!

【強制ダイエット】工場勤務は痩せます!20日で4キロ痩せた私が徹底解説!

どうも!たにしです!

皆さん

工場勤務してると痩せるの?
工場は立ち仕事だから痩せるの?
デスクワークに比べてどれ位カロリー消費するの?

こういった悩みや疑問抱いていませんか?デスクワーク主体の現代では中々痩せれなくて悩みますよね。
私は痩せることを目的として工場に入ったわけではないですが、痩せちゃいました。(笑)

痩せた理由がある程度把握できているので、悩みを抱えている方へ情報を共有できると思い記事にします!

今回の内容はこちら!

  • 工場勤務はなぜ痩せると言えるのか?
  • 工場勤務が痩せる根拠:消費カロリー比較
  • 工場勤務は痩せる環境が整っている
  • 工場勤務で痩せた実体験

この記事を読めば工場勤務をするとなぜ痩せるのか?痩せるためにはどれぐらいの行動量が必要なのか?がわかります!

ダイエットの参考にもなるはずなので是非最後までご覧ください!

目次

工場勤務はなぜ痩せるのか?

工場勤務をすると痩せるのは、デスクワークに比べて体を動かすことが多いからです。

人間が痩せたり太ったりするのには法則があります。
「摂取カロリー」>「消費カロリー」=「余ったカロリー」これが太る方程式。

食事をとってカロリーを摂取しますね、その後運動を軽くします。
運動で消費されるカロリーが摂取カロリーより少ないと太ります。

痩せるにはその逆で、食べるより運動が多ければ痩せますね

この法則にのっとれば痩せる方法は2つ挙げられますね。

  • 食事を制限して運動をする。
  • 食事の量を上回るレベルの運動をする。

食事を制限すると健康面に被害が及びそうですし、運動のレベルが高すぎると体ぶっ壊れます。
なので食べつつ痩せれるいい塩梅のとこを見つければ健康的に痩せることが可能です。

工場勤務はちょうどいい運動を「仕事として行う」ので痩せれると言えますね!

工場勤務はデスクワークより圧倒的に痩せれる

とぼとぼ歩く画像

工場勤務は体を動かす業務なのでデスクワークに比べて圧倒的に痩せやすいです!

工場勤務は基本的に何か物を運ぶような作業をしています。場合によっては重い物を運び続けたりもします。
なので今回は軽い肉体労働ときつい肉体労働の消費カロリーを調べてみました!

カンタン消費カロリー計算というサイトを使用して計算してみました。
仕事の実働時間は7時間で、激しい運動は常に繰り返すわけではないので4時間としました。残り3時間は軽い肉体労働として計算します!

カロリーを計算するのに体重の数値が必要でしたので、総務省統計局の身長と体重の平均値にある20代~70代以上までの平均値を活用しました。男性は65.9キロ、女性は52.5キロです。その結果がこちらです。

状態カロリー(男/女)
軽い肉体労働1356kcal / 1080kcal
激しい肉体労働2380kcal / 1896kcal
デスクワーク726kcal / 578kcal

大体2倍以上のカロリーを消費していますね!
まぁ当然のことですが実際に数値にしてみると結構差があることがわかります。

工場勤務は痩せる環境が整っている

工場勤務がデスクワークの2倍以上痩せれる可能性があることは分かりました。
ただ、ダイエットをするうえで一番問題なのが「継続」ですよね?

皆さん

色んなダイエット試してみたけど、いつも続かなくて失敗するんだよな~。

こんな悩みを抱えたままブクブクと肥えていく方々を何人も知っています(笑)

ダイエットが本当にしたいのであれば、パートでも何でもいいので工場で働くことをお勧めしますよ。
なぜなら「強制的に毎日体を動かさなければいけない」からです

ダイエットは自分の意志でやろうとするので負けてしまいます。
塚本亮さんの本「すぐやる人」と「やれない人」の習慣ではこう書かれています。

すぐやる方程式は、「意思×環境×感情」です。

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣

意思と感情は皆さん持ち合わせていますが、環境に身を投じなければ継続は難しいです。
工場という環境に身を置くことで体を動かさなければならない状況に追い込みます(笑)

そうすれば、痩せることが出来るでしょう!!

また、断食をして痩せようとする人が居ますが健康面に被害が出てしまいます。
その点工場勤務は普通に疲れますからご飯を食べないとやってられません。

なので健康的な料理を食べつつ運動もでき、お金ももらえるという夢のような状態になれますよ!

工場勤務で4キロ痩せた実体験

解放された人

何を隠そう私たにし、工場勤務で4キロ痩せています。
元々そんなに太っていたわけではありませんが、2カ月の新人研修で暴食を繰り返してしまい64キロぐらいになってました。

いつもより5キロ増です。
6月に配属になり、なんだかんだ2カ月経ち8月の猛暑の中15キロの一斗缶、200キロのドラム缶、30キロの容器をせっせこ運び、時には階段を10往復ぐらいしていました!

その結果、わずか20日で4キロ減。
普通に死ぬかと思いました。食事の方は毎日高カロリーの揚げ物やラーメンです。
ご飯は1.5合を1回で食べきる位でした。

朝はバナナをむさぼり、昼は食堂で割と多め、夜は暴食+酒。
こんな生活を毎日してましたが、4キロ痩せました(笑)

工場勤務は強制的に体を動かすので、途中辞め何て概念はないです。
なので本当に痩せたい方は、夏に工場勤務のバイトでもやってみてはいかがでしょうか??

本職にするにはお勧めはできないので、短期でやることをお勧めします。
過去記事に本職ではお勧めできない理由を載せておきます!

関連記事≫【サルでもわかる】工場勤務の将来性について!現場の経験者が徹底解説します!

工場勤務は痩せるについてまとめ

今回は工場勤務は痩せる理由について解説しました。
環境に身を置くのは非常に大事です。やり続ける事で成果は出ますので工場バイト考えてみてください!!

逆に工場勤務を本職にしていて痩せまくってやばいって方は、内職系の趣味を持つか転職しましょう。

お勧めはブログですね。体じゃなく脳みそも使わないと腐って使い物になりませんから!(笑)

関連記事≫wordpressでのブログの始め方を画像で解説!【誰でも10分で出来る】
関連記事≫【工場からITへ】おすすめ転職エージェントと転職サイト7選!【実体験】

では!

【強制ダイエット】工場勤務は痩せます!20日で4キロ痩せた私が徹底解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

23歳上場企業会社員!読書で人生好転させるために日々発信中!
主にブログ、SNSそれに関する有益情報を発信しています!
たまにゲームオタクになります。

コメント

コメントする

目次
閉じる